ニキビがあっても顔脱毛できる?おすすめの方法と美肌を保つためのコツ

にきびの画像01

エステで使われる「光フラッシュ」には、茶色や黒などの濃い色に反応するという性質があります。そのため、ニキビが赤みを帯びていたり、色素沈着が起きてしまったりしている時は、ヤケドをしてしまったり、脱毛効果が得られなかったりする可能性があるので、施術を受けるのは難しいです。

しかし、近頃ではこうした悩みを抱える肌にも使える脱毛技術が発達してきました。それどころか、ムダ毛を処理しながらニキビも改善できるというのですから、受けないのはもったいないですよね。詳しく説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

ニキビ肌でも使える脱毛技術とは?

ニキビ肌に悩む人が増えていることを受け、各サロンでそうした悩みを解決するための工夫が進められています。特に有名なのが、これからご紹介する2つのサロン。機会があれば、カウンセリングだけでも受けてみてくださいね。

■ディオーネ
ディオーネ(顔)

ディオーネで使われている「ハイパースキン脱毛」は、従来の脱毛法とは違い、生えてくる前の「毛の種」にアプローチする方法なので、38度ぐらいのごくぬるい温度で施術ができます。色素に反応する仕組みではないので、ニキビやニキビ痕があっても問題なし! 痛みもなく、安心して顔脱毛を受けることができますよ。

さらに、ハイパースキン脱毛にはフォト美顔効果があるので、産毛を脱毛しながら細胞を活性化させ、ターンオーバーを促すことも可能です。皮膚のコラーゲン生成にも影響を与えるので、ニキビ痕の凸凹が目立ちにくいふっくらとした肌を作ることができますよ。美白効果があるので、色素沈着が気になる人にもうってつけです。

→ ディオーネの詳細はこちら

■キレイモ
キレイモ

キレイモには「ニキビケア脱毛」というメニューがあります。これは顔を含む全身33ヶ所の脱毛とニキビケアができるというものなのですが、脱毛後に専用の化粧品でお手入れをすることによって、ニキビの改善や予防を助けてくれるのです。月々12,800円(2015年11月現在)という料金設定もうれしいですね。

→ キレイモの詳細はこちら

しっかり脱毛しておくことで、ニキビができにくい肌になる

顔脱毛をすると毛穴がきゅっと引き締まるので、ニキビの原因となる皮脂の詰まりが起こりにくくなります。また、産毛がなくなることでメイクや汗などの汚れが表面に付着しにくくなり、清潔さも保てるようになるのです。鏡を見るたびに感じていたストレスも減り、ホルモンバランスの乱れも回避できますね。しかし、いくらエステでスペシャルケアをしてもらっても、自宅でのお手入れや生活習慣がいい加減だとニキビが再発してしまいます。次のポイントに気をつけ、ニキビのできにくい美肌を保ちましょう。

にきびの画像02

▼洗顔
洗顔の回数は1日2回まで。ニキビが気になるからといって洗いすぎてしまうと皮膚が乾燥して、それに危機感を感じた体が余計に皮脂を分泌しようとするので逆効果です。

1. 雑菌の付着を防ぐため、石鹸で手をきれいに洗う。
2. ぬるま湯で顔を洗って毛穴を開かせ、よく泡立てた洗顔料でなでるように洗う。
3. ぬるま湯で30回以上顔をすすぎ、柔らかい清潔なタオルでそっと押さえて水気をとる。
4. 保湿効果のある化粧水をたっぷりとつけ、ハンドプレスでなじませる。最後に乳液を塗って水分を閉じ込める。

▼生活習慣を整える
夜更かしやインスタントの食事、運動不足などが習慣になっている人は、できるだけ規則正しい生活に改める努力をしましょう。夜ぐっすり眠ればターンオーバーを促す成長ホルモンが分泌されやすくなるし、肉類を減らして野菜をたっぷり摂ることでビタミンCを補給できます。適度な運動は血流を良くすることにつながりますね。ただし、運動した後の汗やほこりをそのままにしておくと毛穴が詰まってしまうので、軽く水で洗っておくようにしましょう。

▼寝具を清潔に保つ
枕カバーが汚れていると、雑菌が肌に付着してニキビの原因となります。取り外しのできるものを使い、こまめに洗って清潔を保ちましょう。枕カバーの洗濯が面倒なら、タオルを巻くのもおすすめですよ。

■ニキビに優しい顔脱毛で、つるつる素肌を手に入れよう!
今回はニキビ肌の脱毛に強いエステを2件ご紹介しました。自宅でのスキンケアと組み合わせるとより高い効果が得られるので、興味があればカウンセリングを受けてみてくださいね。
キレイな状態を維持するためには、毎日の生活習慣に気を配ることも大切です。早寝早起き・栄養バランスのとれた食事・適度な運動を心がけ、清潔な寝具で眠るようにしましょう。

ランキング情報

サブコンテンツ

このページの先頭へ